写真のある生活 〜 写真を買った後の話 〜

写真を飾るといってもどんな感じに?って方もいますよね。
写真のある生活 〜 インテリア 〜をご紹介いたします。

http://www.pinterest.com/seigi/interior/


さて、賃貸だから壁にはって方には、こちらがおすすめ。
有孔ボードという音楽室で使われるような穴のあいた板に飾る方法があります。ホームセンターには有孔ボード専用の引っ掛ける金具が売っています。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/diy-support/a2a3a5aba5.html



下記のようなようなアイディアも賃貸にはいいかもしれませんね。
http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/8/f618b90abb3da8630d81d36d8f56525ba9b713b7.36.1.8.2.jpg?l2-id=review_PC_id_body_09

それにより飾る場所を創れます。

それぞれの楽しみ方・センスで彩りある生活を♪


写真を売る。写真を買う。

このサイトは始めた理由

価値は想像し、自分で決めるものです。
その決めた価値が認められれば、そこにさらなる価値がつく。

というのが僕の信念です。

さて、皆様は写真を写真家から買うことが出来る事を知っていますか?

現在の日本のメジャーな感覚として売買するという感覚はないように思います。

それは売る側の写真家でさえ、売るという感覚を持っていません。
買う人はいないだろうと勝手に決めつけたことよる文化の低落です。
自分のすべてを打ち込んだ作品を好きになってくれた人が対価を払って、買ってくれたら嬉しくないですか?

買う側の皆様も、好きになった写真を購入して、自宅や自分のサロン、お店に飾っていたら、モチベーションがあがりませんか?

世界的には絵画のごとく、写真は当たり前に売買されています。
世界的にみても、絵画の価値に比べれば、写真の価値は低く見られています。絵画も複製が可能だという事実を知らないのかと思っています。
写真のオリジナルプリントはアナログであり、販売を決めた写真については、エディション数(プリントを世に出す数)を決め、それ以上は出さないという覚悟が写真家には必要です。

文化というのは、創られるものではなく、創るものです。

当サイトは写真文化の向上のために始まった事をここに明記しておきたい。

高桑 正義 拝


Post card three pieces set

プロフォトグラファーのオリジナルプリントによるポストカード販売を開始しました。

お気に入りの三枚をご自由にお選びいただけます。

限定100枚 OPEN 記念特別価格
1,600円 → 1,050円

・大切な方にちょっとしたプレゼントに。

・プレゼントに、ポストカードに書いたメッセージを添える。

・自分へのちょこっとしたご褒美に

・手帳に挟むちょっとお洒落なしおりがわりに。

・寒中、暑中見舞い、クリスマスカード、バースデーカードなど。


ポストカードを素敵に飾るアイディアがまとめられていました。
http://matome.naver.jp/odai/2134225908125947701


こちらから POSTCARDをご購入いただけます。

アートポスト印刷での大量発注も可能です。
上記からお問い合わせください。


SHUTTERS RISE OPEN !!!!!

プロフォトグラファーのオリジナルプリントが買える。

SHUTTERS RISEがオープンしました。

自分へのご褒美として好きな写真を買って、飾る人が増えてきています♪
そんなちょっとした贅沢をしてみませんか?

値段も、販売枚数も、すべて作者に任せているので、値段はバラバラ。

今後 写真家やフォトグラファーのメンバーが続々と登場していきます。

写真家の想いが詰まった写真を
写真家本人が丹精込めてプリントした一枚をお届けします。

※ 参加したいフォトグラファーも募集しています。

高桑 正義


参加フォトグラファー